ネズミ駆除の歴史と現在

人類に被害を与えるモノ

害獣

ネズミ駆除について語る前に必要なお話を。害獣と言った場合、様々な種類が含まれてきます。
直接的に人間に被害を与えるような猛獣や、農作物に対して大ダメージを与えるもの。
また、家畜やペットなどに被害を与えたり、糞尿によって被害を与えるといったパターンもあります。
その中でも、特に人間との関わりが多い害獣といえば、ネズミを置いて他にはいないでしょう。
なにせ、ネズミは上記のすべての被害を与えるのです。だからこそ、ネズミ駆除には大きな意味があります。

被害

被害

ネズミは雑食性です。本当になんでも食べる食性です。そのため、人間が作る農作物にもかじりつき、食べてしまいます。
それ以上に好物なのが人間が貯蓄している食べ物で、溜めてある米からドッグフードまで、なんでも穴を開けて食べてしまいます。
そして、ネズミよりも小さな虫や魚などのペットにも、手を出します。数が多いため、襲われたらひとたまりもありません。
そして時には、人間の指や耳にも噛み付いてひどい怪我を負わせます。

他にも

他にも

それだけにはとどまらず、彼らはその衛生性の低さから、様々な病気を媒介します。
また、ノミやダニなどを体中に寄生させており、ネズミが住み着くということは、すなわちこれらの寄生虫が家中に広がることも意味しています。
そして、この害獣と人間の歴史は、ほとんど、人間が家というものに住み着き始めてからずっと続いていると言われています。
そして、ネズミ駆除の方法を、人間は様々に考えだしてきました。いわば、人間の歴史は、ネズミ駆除の歴史と言っても過言ではありません。

What's New

Recommend Site